まちづくりLaB

目的

1.まちづくりプランミーティングの提案プランをモデル実施、社会実験

 

2.地域(まち協等のまちづくり団体)と実践者の連携するまちづくりの推進

(提案型の推進 ※自炊型→自炊型+提案型)

内容

・まちづくりプランミーティングの提案プランをまちの実験室としてモデル実践
・提案者へヒアリングを実施し、事業計画書・予算書の作成を支援
・協働・提携先のマッチングを支援し、最終選定プラン実践の進捗状況などのヒアリングを実施
・実践に向けて活動ボランティアや仲間(まちカレ受講生等)の募集
・実践後の実験結果の検証、発表の実施

対象

まちづくりプランミーティングで提案したプラン

現時点で、9プラン(第1回:6プラン、第2回:3プラン)

事業の進め方

まちづくりカレッジ修了
第1期修了生16名
第2期受講生13名
【修了基準】
・講義の出席
・まちづくり研究レポート提出
まちづくりプランニング
まちカレの学びやまち協活動での経験を活かし、テーマ・フィールド等を絞った実践的なプランニング

※プラン提出:12月上旬

※定期的に進捗状況を確認・指導

まちづくりミーティング
・チーム毎にプランの発表
・まちづくりの出会いの場
・プランの評価、アドバイス
・協働、連絡先とのマッチング
・情報交換、次プランの種まき

※プランニング課程を含めて評価

プラン実践に向けたミーティング
・マッチングした相手と協働と連携し、プランの実践
・まちカレ修了生のネットワークの活用と構築
・実践状況等について報告

※実践に向けたミーティングの実施

モデル実践プランの選定
・プランのブラッシュアップ、具体化の支援
・協働、連絡先のマッチング支援(まちカレ修了生、修了生グループ(NPO)のネットワークの活用)
※事業計画書等提出:7月末

※事業計画等のヒアリング・相談等

まちづくりプランの社会実験
・協働・連携して、プランをモデル実践
・まちカレ受講生等のボランティア募集(学びと実践経験)
・実験結果の検証、報告、発表

※定期的に進捗状況を確認・指導