『人と地域が繋がる取組みを生み出す秘訣とは?』〈語り人:西馬 晋也 氏|坂井市地域おこし協力隊〉

近年、地方創生や地域活性化の観点から、
「地域は繋がりが大事」
「課題解決のためには、人と人の繋がりが大事」
とよく言われます。
では、「繋がり」を築くために、
どんなツールで地域と繋がればよいのか?
どの程度の「繋がり」があれば地域の課題を解決できるのか?
こういった疑問が必ず出てくるのではないでしょうか?
今回のまちカフェ夜学では、
京都Xキャンプの企画運営やサテライトオフィスの管理人として地域と若者を繋ぐ役割を、10年近く担ってきた坂井市地域おこし協力隊の西馬 晋也氏に、自身の経験を交えた、地域との繋がりを生む秘訣をお話しいただきます。
◤今回のテーマ・タイトル
『人と地域が繋がる取組みを生み出す秘訣とは?』
● これまでの西馬さんの過去や経歴で得たこと
● 人と地域の関係性をどう構築していくのか?
● 個人は地域に対して、どんな行動が必要か?
▷今回のスケジュール(現在検討中)
◤その他 
▷当日詳細
日にち|2021年3月15日(月)
時 間|19:30~21:00(22:00完全撤退)
場 所|高椋コミュニティセンター 大会議室
住 所|坂井市丸岡町西里丸岡12-21-1
定 員|各15名(先着順)
受講料|無料
申込締切|2021年3月12日(月)
申込方法|
以下URLにて申し込みお願いします。
https://forms.gle/khYmniK8GqtnfnmJ8
▷講師プロフィール
西馬 晋也 氏|坂井市地域おこし協力隊
1986年京都市生まれ。京都精華大学芸術学部卒業。
東京の紙商社でデザイナーとして勤務後、学生時代「河和田アートキャンプ」に参加した縁から福井県に移住。福井と京都の2拠点生活を始める。現在は坂井市の地域おこし協力隊として、丸岡町竹田地区に住みながら「竹田Tキャンプ」の事務局を務める。これらキャンププロジェクトを運営する株式会社応用芸術研究所の役員でもあり、産学官民の複眼で地域を面白くする事業を展開中。大学生たちとあれこれ取り組みをするのが得意です。
ーーーーーーーーーー
▷まちづくりカフェって?
~これからの「まち・ひと・しごと」を考える~
さまざまな地域や人に関わる活動の実践者が「語り人」となり、テーマに沿った話題を提供し、地域や人への想い、つながることの魅力を伝えます。提供された話題から、これからの「まち・ひと・しごと」の在り方などについて、意見を交わしながら、ゆったりと考えてみませんか?
《まちづくりカレッジSakaiのもっと詳しい情報》
ホームページ▷https://www.machizukuri-collage-sakai.com/
instagram▷https://www.instagram.com/machicare_sakai/